ニートからの抜け道 find WEB

ホーム

引きこもりと共に社会問題にもなっています。これは日本特有のものではなく、外国でもあり、特にイギリスでは広くその存在が知られています。今現在ニートでいる人も、なりたくてなっているわけではないでしょう。ニートがどんなものなのか、どうしてなってしまったのかを考え、1日も早く社会へ出て行けるよう、努力していきましょう。

ニートへの取り組み

マスコミがニートを取り上げるたびに、【働かない怠け者】【働く意思のない弱い人間】そうとらえている人も多いでしょう。どんな人をニートと呼ぶのか、理解をして、社会へ飛び出すことのお手伝いはできないでしょうか。また、本人も、きっとこのままではいけないと自覚しているはずです。勇気と行動力で壁を乗り越えましょう。

ニートって何?

最初に、ニートとはなんなのか、サイト全体を見ていく前に理解しておきましょう。外国の認識と日本での認識に若干の違いがあるようです。また、厚生労働省での定義を紹介していきましょう。

ニート対策

日本政府はこうした人たちのことをただ静観しているわけではありません。様々な対策を講じています。ただ、その対策自体を知らない国民が多いのも事実です。

ニート問題

いつまでもニートをしているわけにはいかないのですが、そうなってしまった原因を取り除かなければ、何の解決にもなりません。本人だけではなく、国民皆の問題でもあるのではないでしょうか。

ニートの問題点

問題点は、どんなところに原因があるのかではないでしょうか。自分の問題、周囲の問題、様々なことが原因となっているようです。

これはニート?

ニートと同類に考えられがちなひきこもり、家事手伝い、フリーターですが、同類なのでしょうか。違いを見て行きましょう。

ニートの種類

一口にニートと言っても、ケース別で様々な種類があります。いくつか紹介していきましょう。

海外でのニート問題

日本だけではなく、海外でもニート問題があります。国によってそのとらえ方、認識が違うようですが、どのような問題になっているのでしょうか。

ニートからの脱出

いつまでもこのままではいけない。ちゃんとしなきゃいけない。そう自覚している人も多いはずです。1日でも早く、社会に出て自分の力で働いていかなければいけません。

どうしてニートになったのか

どうしてこうなってしまったのか、考える必要があるでしょう。でも、たぶんすでに考えている人も多いですね。でも、『どうして…』そこから進めない人もおおいでしょう。立ち止まらずに前に進まなければいけません。

自分を見つめなおす

一人でいる時間が長いので、自分を見つめなおす時間もたくさんあるはずです。ただダラダラと過ごすのではなく、自分をしっかりと見つめなおし、反省するところは反省しなければいけません。時間が長くかかればかかるほど、社会へ復帰できるのが難しくなります。

ニートから就職への道

長いトンネルを抜け、ニートから脱出しましょう。出口のないトンネルはありません。これまで嫌なことがあったのであれば、きっと良いことも待っているはずです。ここまで来れば、あとはほんの少しの勇気と行動力だけです。

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us

 


このページの先頭に戻る