ニートって何?

ホーム > ニートへの取り組み > ニートって何?

ニートは
Not currently engaged in Employment,Education or Trainingの略語です。日本語に訳すと、
という意味になります。

本来の意味は?

冒頭で紹介したとおり、ニートを直訳すると日本で言われているニートの意味と若干認識が違うところがあります。イギリスのブレア政権で使われ始めたスローガンの一つで、16〜18歳で、学校などの教育機関に籍を置かず、労働者としての雇用もされておらず、職業訓練にも参加していない人のことと定義しています。ニートという言葉は日本以外ではほとんど使われておらず、欧米などでは、日本で働いていない若者の問題を指す言葉として認識されてきています。本来日本でも、『○○していない人』という状態だったのが。『○○する気がない』という意味で使われるようになってしまいました。このことから、ニートは多くの誤解を受けていると言ってもいいでしょう。

厚生労働省の定義

厚生労働省のニートに対する定義は、『非労働力人口のうち、年齢15〜34歳、通学・家事もしていない者』としており、更には、卒業者、未婚で家事、通学をしていない者。というのに加え、
『学籍はあるけれども学校に行っていない者』『既婚者で家事をしていない者』が追加されています。一方、内閣府のニートの定義によると、
『高校や大学などの学校及び予備校・専修学校などに通学しておらず、配偶者のいない独身者であり、普段収入を伴う仕事をしていない15歳以上34歳以下の個人である』となっています。内閣府では、家事手伝いをしている者もニートに含むものとしています。

二重基準の問題

このように、厚生労働省と内閣府では、ニートの基準が違い、二重の基準が存在することと認識されてしまいます。政府の公式見解としては、厚生労働省の定義を採用しているとしています。

ニートの分類

総務省が毎月行っている労働力調査によると、年々ニートと呼ばれる人の数が増加していることが分かります。60万人以上の人が労働せずにニートとして生活しているのです。内閣府の調査では、これらニートを二つに分類して考えています。以下に挙げるのがそうですが、これらの他にも、いくつかに分類できるとする研究者もいます。

非求職型

非求職型のニートとは、学校などに通学している者や配偶者がいる者を除く無業者のうち、働く意思を表明しながら求職活動をしていない個人のことを言います。収入になる仕事をしたいと望んでいるにも関わらず、仕事を探したり、面接などの行動を起こしていない人のことを言います。

非希望型

非希望型のニートとは、非求職型と同じ無業者でありながら、仕事をしようとする意志のない者のことをいいます。収入になる仕事につかなくてもいいとする意志は問題ありです。考えを改めていかなくてはならないでしょう。

押さえどこ!

バブル崩壊との関係

バブル景気の頃は、就職するにも自分でやりたい仕事を選ぶこともできましたし、人手不足で企業側も新規雇用も惜しみなく行っていました。やがてバブルが崩壊すると、新規雇用も減少し始め、反対に、経費削減としてリストラなども目立ち始めます。同じ時期、第二次メビーブーム世代が学校を卒業し、就職するタイミングと同時期になってしまったため、就職氷河期と呼ばれるほどの就職難になってしまいます。雇用の不安定さが社会問題ともなりましたが、結果として、高校・大学を出ているにも関わらず、フリーターやニートになってしまう若者が急増したのです。現在、バブル崩壊も落ち着いた時代になってきていますが、景気は良くならず、就職氷河期の犠牲となったフリーターやニートに対し、人手不足にも関わらず、企業は新卒や第二新卒の雇用に重点を置き、彼らの正社員への道は益々狭くなっていくのです。更には、正社員の人数を少なくして、派遣社員で人員をまかなっている企業が多いのも原因の一つに挙げられるでしょう。

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us

 


このページの先頭に戻る