どうしてニートになったのか

ホーム > ニートからの脱出 > どうしてニートになったのか

どうしてニートに……あなたの周りに、そして家族にニートの人はいませんか? を貼っていませんか? もしかしたら働きたいのに働けないのかもしれません。どんなことが原因になっているのか、あげなくてはいけません。偏見の目で見ていると、ニートからひきこもりになってしまう可能性もあります。

point,1

将来への不安

将来への不安と言っても、様々なものがあると思います。
ニートになる前でしたら、このまま仕事を続けていてもいいのだろうか、自分のためになっているのだろうか。また、中々仕事が決まらない、このままだとニートになってしまう。そしてニートになってしまった今、その将来への不安が頭の中を占めてしるのではないでしょうか。
親に扶養されている人もいるでしょうし、親がいなくても、財産を切り崩して生活している人もいるかもしれません。でも、そんなことが永遠に続くことは不可能だということを、本人自身が一番わかっているはずです。このままではいつか生活できなくなるという不安にさいなまれるでしょう。経済的な問題で将来を悩み、ニートが起こした悲しい事件も実際にあります。将来の収入面での不安が一番大きいと思います。いつまでもニートを続けていけるわけではありません。何か小さなきっかけでもいいので、前に進んでいける手段を見つけなくてはいけません。

point,2

諦めが早い

ニートの人の中には、諦めが早いという人も多いようです。
もう少し頑張れば前進できることでも、てその一歩手前で諦めしまうのです。
働く意味が分からない、
仕事上でミスをしてしまった。
またミスするのが怖いので仕事を続けていきたくない。
など、諦めが早い傾向にあります。やっても無駄だという思いもあるのかもしれません。ニートになってしまった原因のアンケートの回答には、
『一度は就職したが馴染めない』という回答が30%あります。そこで諦めてしまい、ニートになってしまう人が多いのです。諦めずに違う仕事を探していたら、もしかしたらそこは自分に合っているとこかもしれません。そこが馴染めなくてもちょっとの努力で仲間とも打ち解けられ、働きやすい職場になったかもしれません。諦めが早いことで損をしているかもしれないのです。何よりも、親に頼りすぎているという現実もあるでしょう。諦めが早くても、親がいるからなんとかなる。そう無意識に思っている人も少なからずいるはずです。

point,3

自分に自信が持てない

自分がニートになってしまった一番の原因として、
『自分に自信がない』
という回答が56%にのぼり、トップになっています。2位は、
『やりたい仕事が見つからない』
という回答です。自分に自信を取り戻し、やりたい仕事を見つけられたら、晴れてニートから脱出できるわけですが、理屈ではシナリオを書くことはできますが、中々そうもいかないのが現実です。そんな中、
『自分を採用してくれる企業があったらどうしますか』
の問いに対し、
『好きな仕事だったら就職する』
『危機意識が高いから仕事をする』

という回答の他に、
『自信がないので就職しない』
という回答も少なからずあります。恐らく、働くと言う意識を見せている回答をした人は、危機感があるのでしょう。後者はまだ危機感がなく、自分の殻に閉じこもってしまっているのかもしれません。自分に自信が持てない人は、自分を分かってくれる人を求めてもいます。理解してもらうことで自信につながります。新しい仕事をはじめても、誰もが最初は初心者です。失敗をしても、次へのステップアップにつなげていけばいいということを自覚し、分かってもらいましょう。そうすることで自信喪失も防ぐことができます。周囲の人は、見守り、ときには背中を押して、社会に復帰することの後押しが必要なのです。ニートの性別を見ると、男性の方が圧倒的に多いのが分かります。女性に比べ、弾性の方が打たれ弱いのかもしれません。

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us

 


このページの先頭に戻る