自分を見つめなおす

ホーム > ニートからの脱出 > 自分を見つめなおす

ニートから脱出するためには、自分自身を見つめなおす必要があります。仕事もせず、毎日をダラダラと惰性で生きていてもいいのですか? です。今からでも遅くありません。社会に復帰できるよう、まずは自分自身が変らなければいけません。

point,1

自分を知る

ニートの人は、一人になる時間も多いと思います。ついついマイナス思考になりがちですが、そんなことでは前に進めません。自分自身がこれまでどうだったのか、これからどうすべきなのかを真剣に考えるときなのではないでしょうか。良くないことばかりを考えてしまうでしょうが、最初はそれでもかまいません。今までの自分はこうだった。だけどこれからはこうなりたい!という決意が必要なのです。

自分を知るためには

どうやって自分を見つめなおしていいのか分からない。考えれば考えるほどマイナス思考しか出てこない。恐らくほとんどのニートの人がそうでしょう。
そこで、専用のブログを立ち上げてみましょう。
このサイトを見ていると言うことは、インターネットができる環境にあると言うことですね。自分を見つめなおすための専用ブログを立ち上げ、
言いたいことは全部そこにぶちまけてしまいましょう。
これまでのこと、現在のこと、将来のこと、書きたいことを思いつくまま書いてみましょう。それだけでストレスの発散になりますし、文字にすることで、何度も振り返って読み返すこともできます。コメント蘭が荒らされるのが嫌であれば、書き込み不可にして、閲覧のみにします。誰に見られなくてもいい、自分の気持ちだけをかける場所があれば……そういう気持ちで書いていると気持ちも楽なのではないでしょうか。

point,2

一人で悩まない

一人で悩んでいると、あまり良いことは考えないものです。誰かのアドバイスが欲しくても、自分の望んでいる言葉がもらえるとは限りません。そういうことを恐れるあまり、自分の殻に閉じこもりがちになります。また、ニートの多くは人とのコミュニケーションがうまくとれない、人と関わりたくないという気持ちを持っている人がいます。それでも誰かに気持ちを話したい、聞いて欲しいと思っている人もいるでしょう。
反対に、人に話すことによって周囲に知れ渡るのが嫌だという気持ちもあると思います。そんな人は、やはり
匿名性のあるインターネット
を使ってみてはどうでしょうか。最近盛んに利用されているSNSなどでは、同じような悩みを持つ人が集まるコミュニティもあります。そういうコミュニティに参加し、自分の思いや同じような気持ちの人と分かち合い、一緒に社会復帰できるように前進しなければいけません。注意しなければいけないのは、同じ気持ちの人の集まりだからと言って、
ネガティブなことばかりを語り合わないこと
です。あくまでも自分が前に進める足がかりとするもので、マイナス思考に同調してはいけません。

point,3

絶対変れる!

いつまでもニートではいられない。これは誰よりも本人が一番よく分かっています。分かっていてもどうすることもできずにあがいています。
『怠けてばかりで!』
『早く仕事探しなさい!』
こんな言葉は逆効果です。家族や友人からこのような言葉を投げかけられて、益々社会に復帰できないという悪循環も起きてしまいます。ニート本人が変ろうとしなければならず、周囲で尻を叩くようなまねをすると逆効果になってしまうのです。ただ、ニートになっている本人にも自覚してもらいたいのは、ニートになって、金銭面や精神面で、少なからず親に迷惑をかけているということを胆に銘じてほしいのです。心配しない親などいません。自分だけではなく、親にとっても将来の不安はあるでしょう。
家族を悲しませたくない、
自分の将来を真剣に考えよう。
そう思うことができるのであれば、きっと少しずつでも変っていけるはずなのです。

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us

 


このページの先頭に戻る